保険料率の新旧比較

令和2・3年度の保険料率について

後期高齢者医療制度の保険料率は、2年に一度見直すこととなっています。

 

※保険料の試算については、保険料試算をご覧ください。

保険料率の新旧比較

保険料率

  後期高齢者医療制度に加入する被保険者1人当たり医療費は約107万円(平成30年度)となっており、このうち、公費による補てんが約53万円、現役世代からの支援金が約39万円、窓口負担が約9万円、みなさんからの保険料が約6万円となっています。

令和2・3年度の保険料率は後期高齢者の医療給付費(当広域連合が支出する、医療費から窓口負担を差し引いた金額)の増加が見込まれることや、若年者人口の減少による現役世代の負担の増加を抑制するために、均等割額・所得割率ともに引き上げることとしました。

後期高齢者医療制度の安定した運営には、被保険者のみなさんからの保険料が大事な財源となっています。

​ご理解とご協力をよろしくお願いします。

 

保険料率新旧(R2)

賦課限度額

保険料の上限額が引き上げられました。

賦課限度額(R2)

保険料軽減対象の拡大・見直し

令和2年度から、被保険者均等割額の軽減のうち、5割軽減と2割軽減の対象を拡大しました。

令和3年度については、令和3年1月1日施行の個人所得課税の見直しに伴い、所得基準がさらに変更となりました。

 

5割軽減

令和元年度→令和2年度(拡大)

軽減対象となる所得基準が変更になり、対象者の範囲が広がりました。

変更前 基礎控除(33万円)+ 28万円 × 被保険者数 以下の世帯
変更後 基礎控除(33万円)+ 28万5千円 × 被保険者数 以下の世帯

令和2年度→令和3年度(見直し)

変更前 基礎控除(43万円)+ 28万5千円 × 被保険者数 以下の世帯
変更後

基礎控除(43万円)+ 28万5千円 × 被保険者数

+10万円×(年金・給与所得者数-1)以下の世帯

 

2割軽減

令和元年度→令和2年度(拡大)

軽減対象となる所得基準が変更になり、対象者の範囲が広がりました。

変更前 基礎控除(33万円)+ 51万円 × 被保険者数 以下の世帯
変更後

基礎控除(33万円)+ 52万円 × 被保険者数 以下の世帯

令和2年度→令和3年度(見直し)

変更前 基礎控除(33万円)+ 52万円 × 被保険者数 以下の世帯
変更後

基礎控除(43万円)+ 52万円 × 被保険者数

+10万円×(年金・給与所得者数-1) 以下の世帯

 

 

 

問い合わせ

佐賀県後期高齢者医療広域連合
〒840-0201 佐賀県佐賀市大和町大字尼寺1870番地 佐賀市大和支所3F
電話:0952-64-8476 ファックス:0952-62-0150

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?

      

ページ上部に戻る

Copyright (C) 佐賀県後期高齢者医療広域連合 All Rights Reserved.

  • トップページ
  • メニュー
  • サイトマップ