算定例

単身世帯で年金収入200万円の場合(令和3年度)

均等割額の計算

所得の低い方には均等割額の軽減措置があり、世帯主と被保険者全員の軽減判定所得の合計額に応じて均等割額が軽減されます。

軽減判定所得を算定する際、公的年金等控除額からさらに15万円(高齢者特別控除)控除額を上乗せします。

90万円(公的年金所得)-15万円(高齢者特別控除)=75万円(軽減判定所得)

・7割軽減の基準:43万円以下の場合〈43万円+10万円×(1-1)〉

・5割軽減の基準:71万5千円以下の場合〈43万円+10万円×(1-1)+28万5千円×1〉

・2割軽減の基準:95万円以下の場合〈43万円+10万円×(1-1)+52万円×1〉

※2割軽減に該当

均等割軽減額=52,300×0.2=10,500円(100円未満切上)

均等割額=52,300-10,500=41,800円

所得割額の計算

年金収入200万円-公的年金等控除額110万円=年金所得90万円

総所得金額等:90万円

所得割額:被保険者に係る基礎控除後の総所得金額等×10.06%

90万円(総所得金額等)-43万円(基礎控除額)=47万円

所得割額=47万円×10.06%=47,282円

年間保険料

均等割額+所得割額

41,800円+47,282円=89,000円(100円未満切捨)

 

※公的年金等控除額は65歳以上の方を想定しております。

問い合わせ

佐賀県後期高齢者医療広域連合
〒840-0201 佐賀県佐賀市大和町大字尼寺1870番地 佐賀市大和支所3F
電話:0952-64-8476 ファックス:0952-62-0150

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?

      

ページ上部に戻る

Copyright (C) 佐賀県後期高齢者医療広域連合 All Rights Reserved.

  • トップページ
  • メニュー
  • サイトマップ