保険料率の新旧比較

平成30・31年度の保険料率について

後期高齢者医療制度の保険料率は、2年に一度見直すこととなっています。

今回の保険料率改定にあたっては、後期高齢者の増加や一人あたりの医療給付費の増加等により保険料率の上昇が見込まれましたが、診療報酬の減額改定等により前回(平成28・29年度)の保険料率に据え置くことになりました。賦課限度額については引き上げることとなりました。

※保険料率試算ページへはこちらをクリック

保険料率の新旧比較

保険料率

保険料率はこれまでと変わりません。

保険料率(平成30年度)

賦課限度額

保険料の上限額が引き上げられました。

賦課限度額(平成30年度から)

保険料軽減対象の拡大

平成30年度から、被保険者均等割額の軽減のうち、5割軽減と2割軽減の対象を拡大しました。

 

5割軽減の拡大

軽減対象となる所得基準が変更になり、対象者の範囲が広がりました。

拡大前 基礎控除(33万円)+ 27万円 × 被保険者数 以下の世帯
拡大後 基礎控除(33万円)+ 27.5万円 × 被保険者数 以下の世帯

 

2割軽減の拡大

軽減対象となる所得基準が変更になり、対象者の範囲が広がりました。

拡大前 基礎控除(33万円)+ 49万円 × 被保険者数 以下の世帯
拡大後

基礎控除(33万円)+ 50万円 × 被保険者数 以下の世帯

問い合わせ

佐賀県後期高齢者医療広域連合
〒840-0201 佐賀県佐賀市大和町大字尼寺1870番地 佐賀市大和支所3F
電話:0952-64-8476 ファックス:0952-62-0150

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?

      

ページ上部に戻る

Copyright (C) 佐賀県後期高齢者医療広域連合 All Rights Reserved.

  • トップページ
  • メニュー
  • サイトマップ