令和2年7月豪雨に伴う災害により被災した場合について

保険料の減免および徴収猶予について

令和2年7月豪雨による被害を受けたことにより、世帯主が死亡や重篤な傷病を負った場合、世帯主の収入が一定程度減少した場合または居住する住宅に損害を受けた場合は、後期高齢者医療保険料を減免します。

保険料の減免の対象となる方

災害救助法が適用された鹿島市に住所を有し、次の1~3のいずれかに該当する方

1 令和2年7月豪雨による被害を受けたことにより、世帯主が死亡または重篤な傷病を負った世帯の方

⇒保険料を全額免除

2 令和2年7月豪雨による被害を受けたことにより、世帯主の収入減少が見込まれる世帯で、次の(1)~(3)の全てに該当する世帯の方

(1)世帯主の事業収入、不動産収入、山林収入、給与収入ののいずれかが、前年に比べて10分の3以上減少する見込みであること。

(2)世帯主の前年の所得の合計額が1000万円以下であること。

(3)世帯主の収入減少が見込まれる種類の所得以外の前年の所得の合計額が400万円以下であること。

3 令和2年7月豪雨により、居住する住宅に損害を受けた方

⇒保険料の一部を減額

減免対象の保険料

1 令和3年度相当分の保険料額であって、令和4年3月末日までに普通徴収の納期限(特別徴収の場合にあっては、特別徴収対象年金給付の支払日。以下同じ)が到来するもののうち、令和3年4月分から6月分までに相当する月割算定額

2 令和2年度相当分の保険料額であって、令和2年度末に資格を取得したこと等により令和3年4月以後に普通徴収の納期限が到来するもの

減免の申請方法

申請については、鹿島市役所の後期高齢者医療の担当窓口で行ってください。

保険料の徴収猶予

世帯主の収入が、事業または業務の休廃止、事業における損失、失業、長期入院等により著しく減少した場合、保険料の徴収猶予の制度があります。

詳しくは、佐賀県後期高齢者医療広域連合または鹿島市役所の後期高齢者医療の担当窓口にお尋ねください。

一部負担金の減免および徴収猶予について

世帯主の収入が、事業または業務の休廃止、事業における損失、失業、長期入院等により著しく減少した場合、一部負担金の減免や徴収猶予の制度があります。

詳しくは、佐賀県後期高齢者医療広域連合または鹿島市役所の後期高齢者医療の担当窓口にお尋ねください。

問い合わせ

佐賀県後期高齢者医療広域連合
〒840-0201 佐賀県佐賀市大和町大字尼寺1870番地 佐賀市大和支所3F
電話:0952-64-8476 ファックス:0952-62-0150

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?

      

ページ上部に戻る

Copyright (C) 佐賀県後期高齢者医療広域連合 All Rights Reserved.

  • トップページ
  • メニュー
  • サイトマップ